脱毛の原因であるAGAと髪の毛の保存

最近では、テレビのCMや雑誌などでAGAという言葉をよく聞くようになり、具体的な意味は知らなくてもなんとなく髪に関することだと認識している人もいるでしょう。
AGAとは特定の薬剤の名称や治療法のことではなく、男性型脱毛のことを指しています。
薄毛や抜け毛に悩んでいる人や、頭髪の保存をしたという場合、専門の病院でAGA治療を受けるのがオススメです。
AGAは数多くある脱毛タイプの一つとされており、多くの男性が悩んでいると言われています。
しかし、男性の薄毛・抜け毛の悩みはすべてAGAというわけではありません。
この症状は特に若い男性に多く見られるとされており、男性ホルモンが大きく関係しているということです。
また、加齢やストレス、食事、生活習慣なども薄毛や抜け毛を引き起こす要因となっています。
このAGAの一般的な症状としては、少しずつ生え際が後退してきたり、頭頂部が薄くなったりすることなどが挙げられます。
このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までに約40%の男性に現れると言われていますが、一気に髪の毛が抜けるなどといったことはありません。
ちなみに、AGAには特異的な脱毛パターンというものがあり、生え際や頭頂部の髪の毛が少しずつ薄くなって症状が進行していくということです。
AGAの発症年齢や進行の程度は人によって異なっているのですが、中には10代で症状が出てしまうこともあります。
この症状は一般的に遺伝と男性ホルモンの影響が大きいと考えられているため、正確に早期発見して治療を行うことにより、大切な髪の毛を保存することができるのです。
髪の毛の保存をしたいという場合、信頼できる医師のもとで治療を受けると良いでしょう。