AGAの治療にはなぜ保険が適用されないのか?

AGA治療は男性型脱毛症に悩む多くの男性にとって救いの船となりました。
これまでにはない原因に作用する飲み薬の登場により、早めの対処を行うことで一定の効果を期待することが出来る様になってきたのです。
しかしながらこのAGA治療は健康保険の適用対象にはなっていません。
その背景には薄毛や脱毛症を怪我や病気などに対する医療とは違い、保険を使うことが出来る病気として分類していないことに由来しています。
より具体的に言えば髪の毛が抜けると言う症状はごく一般的な生理現象の一種としてみなされ、健康保険を使って治療することが推奨される怪我や病気とは区別されているのです。
そのためAGA治療を病院で受ける場合には100%を自己負担しなければなりません。
一般にプロペシアと呼ばれる薬物を使用する薬物療法が行われますが、この薬剤の提供と診察だけで約10000円が月に一回かかる仕組みになっています。
この様な治療を数カ月継続する必要がありますので、個人的な負担は少なくない治療であると言えます。
丁寧な施術を行う治療の場合には月額30000円程度がかかるケースもあります。
しかし国によって病気として認められていないものであったとしても、保険適用されなくても高額医療費の対象になるケースもあります。
この様な条件についてはケースバイケースですのでしっかりと確認をすることが推奨されます。
また医療費ですので年額10万円を超えれば医療費控除を申請して税金を減免してもらえる可能性はあります。
これらには個々の事例で判断されますので必ず大丈夫とは言えませんが、自由診療であっても条件に応じて申請が認められたケースがありますので諦めずに問い合わせてみることも有効であると言えるでしょう。